本文へスキップ






                      HOME > 助成事業一覧

助成事業一覧                          


※下記の助成事業名をクリックすると、該当箇所へジャンプします。

■事故防止対策関係 
 1.運転記録証明書等発行手数料助成制度 
 2.適性診断手数料及び運行管理者講習受講料助成制度 
 3.フォークリフト運転等技能講習受講料助成制度 
 4.安全装置等導入促進助成制度  
 5.ドライブレコーダー機器導入促進助成制度  
 6.可動式突入防止装置(バンパー)導入促進助成制度 
 7.衝突被害軽減ブレーキ装置導入促進助成制度 
 8.テールゲートリフター導入促進助成制度   
 9.  睡眠時無呼吸症候群(SAS)検査助成制度 
10. 血圧計導入促進助成制度      
11. 健康起因事故防止対策検査助成制度 
■環境対策関係
12.  低公害車導入促進助成制度 
13.最新規制適合車導入促進助成制度 
14.エコタイヤ及び再生タイヤ導入促進助成制度 
15.アイドリングストップ支援機器導入助成制度    
16.グリーン経営認証制度促進助成制度  
■経営の近代化・合理化関係
17.近代化基金融資制度        
18.中央近代化基金融資制度    
19.信用保証料助成制度(運転資金等)  
20.信用保証料助成制度(経済変動対策資金等及びセーフティネット保証) 
21.中小企業大学校講座受講料助成制度  
22.従業員研修助成制度 
23.ドライバー等安全教育訓練促進助成制度 
24.大型・中型・けん引免許取得助成制度  
25.準中型免許取得助成金制度   
26.インターンシップ導入促進支援事業助成制度  
27.人材確保活動助成制度  
28.外部コンサルティング導入助成制度
29.自家用燃料供給施設整備支援助成制度    



■事 故 防 止 対 策 関 係

1.運転記録証明書等発行手数料助成制度 ≫直接支払い        

自動車安全運転センター岡山県事務所が発行するドライバーの運転記録証明書等の発行手数料を助成します。手数料は、安全運転センターから請求のあったものについて直接、岡山県トラック協会が支払います。
申請書を郵送される際は、以下の住所にお願いします。

郵送先:709-2116 岡山市北区御津中山444-3 自動車安全運転センター岡山事務所(п@086-724-4360)



◆一件 670円 
上限は、会員事業者の4月1日現在保有車両数(被けん引車除く)の1.2倍(小数点切り上げ)
                      までとする(上限を超える証明は自動車安全運転センターへ手数料(1通:670円)をお支払い
                      ください)


●委任状(無事故・無違反) (PDF)
 (EXCEL)
●委任状(運転記録証明) (PDF)
 (EXCEL)
●申請書 (PDF) (EXCEL)

2.適性診断手数料及び運行管理者講習受講料助成制度 ≫直接支払い     

対象機関が行う、運転適性診断(一般・初任・適齢)の受診料、運行管理者一般講習等の受講料を助成します。
受診料及び受講料は、当該機関から請求のあったものについて直接岡山県トラック協会が支払います。

●概 要 (PDF)

◆適性診断(自動車事故対策機構・日本交通教育サービス)
           受診料   助成額   自己負担
・一般診断 一名 2,400円   2,400円         0円
・初任診断 一名 4,800円   2,800円       2,000円
・適齢診断   一名   4,800円   2,800円   2,000円

◆運行管理者講習(自動車事故対策機構・玉野自動車教習所)
           受講料   助成額   自己負担  
・一般講習 一名 3,200円  2,200円   1,000円

・基礎講習 一名 8,900円      4,900円   4,000円 
 ※自動車事故対策機構の基礎講習は岡山支所のみ対象。広島主管支店、鳥取支所は対象外。 

3.フォークリフト運転等技能講習受講料助成制度 ≫実績申請       

フォークリフト、玉掛け、小型移動式クレーン及び車両系建設機械等、指定の運転技能講習の資格を
指定機関で取得した場合
、受講料の一部を助成します。

◆一名 4,000円

●要 綱 (PDF)

●申請書 (PDF) (EXCEL)

4.安全装置等導入促進助成制度 ≫実績申請  

安全運転を支援する装置で協会の助成の対象のとなるものを導入した場合、導入にかかる費用の一部を助成します。

◆後方視野確認支援装置 取得価格の1/2(上限 20,000円)
◆側方視野確認支援装置 取得価格の1/2(上限 20,000円)
◆呼気吹き込み式アルコールインターロック 取得価格1/2(上限 60,000円、1会員あたり2台まで)
◆IT機器を活用した遠隔地で行う点呼に使用する携帯型アルコール検知器 取得価格の1/2(上限20,000円、Gマーク事業所に限る)
◆衝突防止補助装置 取得価格の1/2 (上限 30,000円、1会員あたり10台まで)

●要 綱 (PDF)
●助成対象機器一覧(後方視野)      (PDF)
10月2日 対象型式追加(1社1型式) 
●助成対象機器一覧(側方視野)    (PDF)  
●助成対象機器一覧(アルコールインターロック)(PDF)
●助成対象機器一覧(アルコール検知器)  (PDF)

●衝突防止補助装置 (PDF) 
●申請書 (PDF) (EXCEL)

5.ドライブレコーダー機器導入促進助成制度 ≫実績申請  

事故防止対策として、事故や急加速・急減速などの一定の衝撃が生じた際に前後の走行データを記録する装置で、
助成対象の車載器を導入した場合、費用の一部を助成します。

◆車載器(運行管理連携型、一体型):1台 取得価格の1/2、上限30,000円
ただし、1会員あたりの助成総額は600,000円を限度とします。

●要綱 (PDF)
●助成対象機器一覧(運行管理連携型)(PDF)    
●助成対象機器一覧(一体型) (PDF) 9月2日 対象型式追加(1社1型式)      
●申請書(PDF)   (EXCEL)
●誓約書(PDF)  (EXCEL)

6.可動式突入防止装置(バンパー)導入促進助成制度 ≫実績申請  

ダンプ車両に可動式バンパーを装着する場合、その費用の一部を助成します。

◆取得費用の1/2 (上限100,000円)
ただし、1会員あたりの助成台数は5台までとします。

●要 綱 (PDF)
●申請書 (PDF) (EXCEL)

7.衝突被害軽減ブレーキ装置導入促進助成制度 ≫実績申請

会員事業者が事業用トラック(車両総重量3.5トン以上、8トン未満)に衝突被害軽減ブレーキ装置を
導入した場合、その費用の一部を助成します。
 
◆装置の取得価格の1/2、上限50,000円

7月22日にご案内のとおり、導入する機器の請求書の日付けが9月30日までのものは助成対象とする。
上記の場合、登録・支払いについては、10月以降でもよい。
請求書の日付けが10月以降のものは助成対象外とする。

●概 要    (PDF)
●要 綱    (PDF)
●要 領    (PDF)
●申請書    (PDF)    (EXCEL)
●搭載証明書 (PDF) (WORD)

8.テールゲートリフター装着促進助成制度 ≫実績申請

  指定するテールゲートリフターを導入する際の経費の一部を助成します。

 ◆取得価格の1/2 上限100,000円 ただし1会員あたり3台まで

 
  ●要 綱    (PDF)
  ●助成対象機器 (PDF) 

  ●申請書    (PDF)  (EXCEL)
  ●装着証明書
  (PDF) (WORD)


9.睡眠時無呼吸症候群(SAS)検査助成制度 ≫事前申込み 

 全日本トラック協会では、SASの検査を積極的に受診いただくため、SASスクリーニング検査費用の一部を
 助成します。


 
◆助成対象 第一次検査(簡易アンケートによるチェック)・第二次検査(簡易スクリーニング検査)
 ◆助成額  一人当たり2,500円を上限とします。
 ◆上限人数 1会員あたり20人を上限とします。

 
◆1次募集:令和2年6月1日〜7月31日
 ◆2次募集:
令和2年10月1日〜令和2年12月11日

   
●概 要 (PDF)
   ●詳 細 (全日本トラック協会HP)
   ●助成対象医療機関 (PDF)     

   ●申請書 (PDF) (WORD)
   ●実績報告書 (PDF) (WORD)
   ●報告・アンケート
 (PDF) (EXCEL)

10.血圧計導入促進助成制度 ≫実績申請

 指定する全自動血圧計(業務用)を購入する際の経費の一部を助成します。
 
 ◆取得価格の1/2、上限50,000円     ただし中小企業者のみ。1会員当たり1台まで。

 7月22日にご案内のとおり、導入する機器の請求書の日付けが9月30日までのものは助成対象とする。
 上記の場合、登録・支払いについては、10月以降でもよい。
 請求書の日付けが10月以降のものは助成対象外とする


 ●概 要  (PDF)
 ●要 綱  (PDF)
 ●助成対象機器 (PDF)
  
 ●申請書 (PDF)   (EXCEL)

11.健康起因事故防止対策検査助成制度 ≫実績申請  

 ドライバーが脳ドック検査、心臓ドック検査、定期健康診断を受診した経費の一部を助成します。

 ◆脳ドック、心臓ドック
 ・検査費用1/2、上限10,000円、ただし1名につき1回まで。
 ◆定期健康診断
 ・4月1日現在の保有台数(被けん引車を除く)が、5台以上30台以下の会員事業者に限る。
 ・1名につき1,000円、1事業者あたり上限15名まで。
 ※Gマーク取得事業者については20名上限。

 
   ●要 綱    (PDF)
 ●助成対象検査(脳ドック・心臓ドック) (PDF)
 ●申請書 
   (PDF)  (EXCEL)



■環 境 対 策 関 係

12.低公害車導入促進助成制度 ≫事前申請

    低公害車(CNG車、ハイブリッド車、電気自動車)を導入する場合、価格差の一部を助成します。
  申請書は、協会に備え付けてありますので必要な方は連絡してください。


   
 ●要 綱  (PDF)
    ●概 要
  (PDF)
    ●実績報告書 (WORD)

13.最新規制適合車導入促進助成制度 ≫実績申請 

会員事業者が最新規制適合車を導入する場合、費用の一部を助成します。

●要 綱 (PDF)

●概 要 (PDF)
●申請・報告書   (PDF) (EXCEL)
●申請・報告書別紙明細書 (PDF) (EXCEL)
●申請・報告書(リース会社用)  (PDF) (EXCEL)
●申請・報告書別紙明細書(リース会社用) (PDF) (EXCEL)
●誓約書 (PDF) (WORD)

14.エコタイヤ及び再生タイヤ導入促進助成制度 ≫実績申請  

燃費の向上によるCO2削減及び3R(リディース・リユース・リサイクル)等を図るため、エコタイヤ及び再生タイヤを導入する際の費用をの一部を助成します。

◆1本あたり3,000円、1会員あたり300,000円を限度として助成します。

●要 綱 (PDF)
●助成対象商品一覧表 (PDF)  
●申請書
 (PDF) (EXCEL)

15.アイドリングストップ支援機器導入助成制度 ≫実績申請    

アイドリング・ストップのより一層の推進を図るため、アイドリングストップ支援機器導入にかかる費用の一部を助成します。
ただし、下記の両装置合わせて1会員あたり3台を限度とします。

◆エア(燃焼式)ヒーター  取得価格の1/2(上限 60,000円)
◆車載バッテリー式冷房装置 取得価格の1/2(上限 60,000円)


●要 綱 (PDF)

●取扱品目(別表1)(PDF)  7月3日 対象機器追加(1社1型式) 
●申請書 (PDF) (EXCEL)

16.グリーン経営認証制度促進助成制度 ≫実績申請 

グリーン経営認証登録又は更新にかかる費用の一部を助成します。

◆新規取得 取得費用の1/2 (上限70,000円)
◆更新 更新費用の1/2(上限35,000円)
ただし、複数事業所をまとめて申請した場合も同様とします。


●要 綱 (PDF)
●申請書兼請求書   (PDF) (EXCEL)

                                 

■経 営 の 近 代 化・合 理 化 関 係

17.近代化基金融資制度 ≫事前申込み  

物流施設や福利厚生施設の整備、又は車両や省エネ関連機器の購入に要する資金を借り入れた場合に利子を補給します。

◆一般融資 融資限度額 8,000万円
 個別企業体 0.3%
 共同体   0.3%

●要 綱 (PDF)

●申込書 (PDF) (EXCEL)

18.中央近代化基金融資制度 ≫事前申込み 

物流施設や福利厚生施設の整備に要する資金を借り入れた場合に利子を補給します。事業規模が1億円以上50億円以内の大規模プロジェクトが対象となります。

中央近代化融資公募要綱「補完融資」           ※全ト協HP    
中央近代化融資公募要綱「燃料費対策特別融資」  ※全ト協HP    


◆新型コロナウイルス(COVID-19)感染症による企業への影響に対する中央近代化基金「激甚災害融資」公募について  
 ※ 公募期間が延長されました[令和2年12月30日(水)まで]

要綱(PDF)
融資推薦申込書(様式1号・改)
企業要項(個別企業用)(様式2号の1)
企業要項(共同体用)(様式2号の2)
激甚災害等に係る被害状況報告書(様式6号・改)
承諾書(激甚災害融資)(様式4号・改)

 「新型コロナウイルス感染症」に係る激甚災害融資の利子補給(岡ト協独自の上乗せ補給)
  全日本トラック協会が実施している激甚災害融資に対して、岡山県トラック協会が独自に上乗せして利子補給を行います。
 
 ●要領 (PDF)

 ●承諾書 (PDF) (WORD)
 ●融資条件変更依頼書 (PDF) (EXCEL)

 ◆令和2年5月15日から7月31日までの間の豪雨による災害に係る企業への影響に対する中央近代化基金「激甚災害融資」公募について

 ●要綱(PDF)
 ●融資推薦申込書(様式1号・改)
 ●企業要項(個別企業用)(様式2号の1)
 ●企業要項(共同体用)(様式2号の2)
 ●事業計画書(土地・建物・荷役機会等)(様式3号の1・改)
 ●事業計画書(車両用)(様式3号の2・改)
 ●激甚災害等に係る被害状況報告書(様式6号・改)
 ●承諾書(激甚災害融資)(様式4号・改)


 ※申し込みについては協会にお問い合わせください。 

19.信用保証料助成制度(運転資金等)≫実績申請

  金融機関から運転資金等の融資を受けるため岡山県信用保証協会の保証を得る場合、その保証料の一部を
  助成します。

    ◆保証料の1/2、限度額100,000円までとします。


    
●要 綱 (PDF)
    ●申請書
 (PDF) (EXCEL)

20.信用保証料助成制度(経済変動対策等及びセーフティネット保証、災害関係保証)≫実績申請

緊急対策として、岡山県の「経済変動対策資金」又は「経営安定資金」に係る保証、セーフティーネット保証
もしくは災害関係保証を得る場合、その保証料の一部を助成します。

◆保証料の1/2、限度額200,000円までとします。
◆「災害関係保証」を受けたものについては、限度額400,000円とします。

●要 綱 (PDF)
●申請書
 (PDF) (EXCEL)                           

21.中小企業大学校講座受講料助成制度 ≫事前申込み 

経営者・管理者を対象とした短期講座を受講した場合、その受講料の一部を助成します。

◆受講料の2/3


●要 綱 (PDF)
●別表(対象校)(PDF)
●申請書 (PDF) (EXCEL)
●対象講座 (全日本トラック協会HP内「≫対象講座と各大学校連絡先」) 

22.従業員研修助成制度 ≫実績申請

  岡山県トラック協会が指定する施設を利用した従業員研修について費用の一部を助成します。
 
    
 
 ◆宿泊研修  一名 2,000円以内(指定施設)
    ◆日帰り研修 一名 1,000円以内(指定施設)
  ◆助成対象となる経費(PDF)


    
●要 綱    (PDF)
    ●施設一覧 (PDF)
    ●申請書 
   (PDF) (EXCEL)

23.ドライバー等安全教育訓練促進助成制度 ≫事前申込み     

指定施設及び特定施設を利用し安全教育訓練を受講した場合、その受講料の全額又は一部を助成します。

【助成対象施設】(PDF) 

【申請受付期間及び対象講習期間】
 ◆1次募集
 (受付期間)    当該年度4月1日から6月30日まで
           申請が予算に達しない場合は、8月31日まで延長して受付する。
 
   (対象研修期間)  当該年度4月から9月までの講習 
   (予算)      当該年度予算額の1/2
           予算額に達しない場合は、残額を2次募集に充当する。
 
  ◆2次募集
 (受付期間)      当該年度9月1日から11月30日まで
             申請が予算額に達しない場合は延長して受付する。
             ただし、受付延長期間は2月末までとする。
  
   (対象研修期間)  当該年度10月から3月までの講習
 (予算)      当該年度予算額の1/2

 ●概 要 (PDF)
 ●研修日程(1泊2日)(PDF)   
 ●研修日程(2泊3日以上)(PDF)  
 ●申込書(PDF)  (EXCEL)
 ●報告書(PDF)  (EXCEL)

24.大型・中型・けん引免許取得助成制度 (自動車運転練習場利用)≫実績申請  

会員事業者の従業員が当協会の自動車運転練習場(岡山市東区中尾355-1)を利用して大型・中型・けん引免許のいずれかの
免許を取得した場合、運転練習場の利用料の1/2を助成します。
以下の額を限度とし、1会員あたり3名までとします。

◆練習場利用料の1/2(上限 大型 150,000円  中型・けん引 100,000円)


●要 綱 (PDF)
●申請書 (PDF) (EXCEL)

25.準中型免許取得助成金制度 (指定自動車教習所利用)≫実績申請   

会員事業者が、運転手として採用した若年者への準中型免許取得に要した費用の一部を助成します。

◆準中型免許の取得          上限 40,000円
◆5トン限定準中型免許の限定解除   上限 25,000円
※事業者ごとに
20万円を上限とする
※運転者が個人で取得費用を支払った場合は対象外

●概 要  (PDF) 
●要 綱  (PDF)
●申込書  (PDF) (EXCEL)

26.インターンシップ導入促進支援事業助成制度 ≫実績申請 

 会員事業者が物流現場での職場体験(「インターンシップ」)を受け入れた場合、費用の一定額を助成します。
 ただし、インターンシップ受入事業者募集サイトへの登録が必要で、1事業者あたりの申請は1回に限ります。

 ※インターンシップ受入事業者募集サイトはこちら

 ◆受入れ期間 3日間 90,000円
        4日間 110,000円
        5日間 130,000円


   ●概 要 (PDF)

 ●要 綱 (PDF)
 ●助成スキーム (PDF)
 ●実績報告書 (PDF) (WORD)

 ●実施結果報告書 (PDF) (WORD)

27.人材確保活動助成制度 ≫実績申請  

 ドライバー等の採用活動のための企業説明会、インターンシップ事業(1,2日コース)、ホームページ作成、
 PR動画作成などの経費の一部を助成します。

 ◆実施経費 上限100,000円
 ◆中小企業者に限る
 ◆上限:1事業者あたり1回

 
   ●要 綱 (PDF)
   ●申請書 (PDF) (EXCEL)
   ●対象活動及び対象経費(例)
(PDF)

28.外部コンサルティング導入助成制度 ≫実績申請            

経済環境の変化に伴う重要かつ緊急な課題を解決するため、外部専門家の知識・経験を取り入れることを目的とした会員事業者が行う外部コンサルティングの導入に要する経費の一部を助成します。

◆経費の上限 100,000円
◆中小事業者に限る
◆上限:1事業者あたり1回 


●要 綱 (PDF)          
●申請書 (PDF) (EXCEL)

29.自家用燃料供給施設整備支援助成制度 ≫事前申請            

会員事業者・トラック運送事業協同組合及びトラック運送事業協同組合連合会が、給油供給施設を新設もしくは軽油専用タンクの増設を行う場合、費用の一定額を助成します。
ただし、新設・増設とも1会員あたり1カ所までとします。
全日本トラック協会(HP)

◆新設 上限1,000,000円
◆増設 上限300,000円


●概 要 (PDF)
●要 綱 (PDF)          
●実施要領 (PDF)          
●別紙1 申請時・実績報告時必要書類 (PDF)
●申請書(会員用)  
(PDF) (WORD)
●申請書(協同組合用)(PDF) (WORD)
●誓約書       (PDF) (WORD)
●実績報告書(会員用)(PDF) (WORD)
●実績報告書(協同組合用)(PDF) (WORD)







協  会  情  報

一般社団法人 岡山県トラック協会

〒700-8567
岡山県岡山市北区青江1-22-33
TEL.086-234-8211
FAX.086-234-5600


            
    アクセス(拡大map版)